小次狼 グッズ

漫画『スティーブ・ジョブズ』(ヤマザキマリ著) コミック第1巻が発売!!

『テルマエ・ロマエ』で有名なヤマザキマリさんが連載している漫画『スティーブ・ジョブズ』のコミック第1巻がとうとう発売されました!...

簡単でリバウンドなし! お風呂で痩せるダイエット入浴法

チャンネル登録お願いします!!d(ゝ∀・*) ⇒https://www.youtube.com/channel/UCC4OdGVEZNEf2gpe4q29gjg 2015年1月15日放送の「 ...

フラッシュモブ サプライズ 結婚式 挙式 披露宴 Love Actually ラブ・アクチュアリー All You Need Is Love

アット サプライズ ジャパン(http://atsurprise.jp/)制作。 リストランテ・アッティモ(横浜)にて2014年3月実施。 【Facebook】 ...

下手は下手なりに頑張ってるんです。

カッコイイ所だけ編集してうpしようと思ったら・・・・ カッコイイ所なんて無ぇじゃぁねーかああああああああああ.

洋楽ランキング
ここを友達に教える
ゲームランキング

小次狼 グッズ

小次狼 ためしてガッ●ンで取材された製造元の「本物の酒粕」をサプリに濃縮! 濃縮酒粕醗酵粒(のうしゅくさけかすはっこうつぶ)

体重も少しずつ減っていますし、体脂肪も減ってきています。便が1日に何回もでます。この商品の定期購入はできませんか?是非、行って下さい。 ためしてガッ●ンで取材された製造元の「本物の酒粕」をサプリに濃縮! 濃縮酒粕醗酵粒(のうしゅくさけかすはっこうつぶ) 関連情報

小次狼 テルマエ・ロマエ 通常盤 [DVD]

 こちらの豪華盤に入っているのは本編・特典ディスクに、4月26日(よい風呂の日)の朝日新聞に掲載された広告の復刻版、映画の写真集「テルマエ絵巻」で一揃いです。 当初私は2枚あるディスクのうち木桶の絵柄の方が本編ディスクだと思ってましたが、実は黄色のケロリンの方でした。いやはや一本取られたという感じ(笑)。 本編の感想は、劇場公開された映画を見ている人の記事がネット上に沢山ありますのでそちらを参考にしていただくとしまして、こちらでは特典ディスクの感想を書きます。 特典ディスクにはメイキング映像、出演者のインタビュー等が収録されていますが、やはり一番目を惹くのは未公開シーンでしょう。 小説版でも書いてあった温泉の老人達によるローマ史劇もベテランの俳優陣が素人丸出しのダメダメ感を上手く演技していてクスリと来ましたが、パンノニアへの赴任が決まったケイオニウスがローマを去るシーンも、本編では女好きが強調されていた北村ケイオニウスが、厳しい土地と分かっていてもローマのためにと喜んで赴く様は、阿部ルシウスでなくても見直す事でしょう。 そういうわけで、劇場で見ている人もそうで無い人も、映画テルマエ・ロマエのDVDもしくはブルーレイを買うなら豪華盤を買う方が良いとお勧めしておきます。 テルマエ・ロマエ 通常盤 [DVD] 関連情報

小次狼 虜ノ契~家族のために身体を差し出す姉と妹~ 下巻 姉妹の絆 [DVD]

【Guilty eX】の同名アダルトゲーム、アニメ化第二弾です。本作では、前作の当番娘【耶雲 里緒】に加えて、お預けになっていたその妹【未夢】も、極道の男達に食い尽くされます。サービスシーンの大半は、宴会会場の様な場所で「飲みながら肴にしようぜ」的な展開です。序盤はそれに因んで、【里緒】が「挿さっている息子が誰の物か当てるまで連戦」と、遊戯的に輪されます。男達が容赦無い事は解っていても、余りの辛さに弱音を吐いた【里緒】でしたが、予想外にも男達に休息の間を与えられ、僅かながらも安息を得る事が出来ました。しかしそれも束の間…、その安息は身代わりを申し出た最愛の妹【未夢】の操と引き換えに得たものでした。…と言う感じで、脚本もなかなか良い感じに煽っていて、感情的にも楽しめます。その後、中盤では姉妹がお互いをかばい合うものの、「何でもしますから妹には手を出さないで」懇願すれば、「なら妹を差し出せ!ついでにお前もだ」的な極道流口八丁で、姉妹丼コースへ雪崩れ込みます。容姿は商品画像と同じコスチュームで行われ、妹【未夢】は下着ずらしで組長に破瓜されますが、ここはリアル志向な本シリーズと言う事で、漫画的に挿れた途端絶叫する様な事は無く、顰め面で涙を浮かべながら傷みに耐えると言う描写です。一方姉【里緒】は、妹の開放を必至に懇願するものの、それが適わぬと言う絶望感に趣が置かれ、腕尽くで押さえられ妹の惨事を目の当たりにさせられたり、妹への視線を自分に向け様と慣れぬ手付きで男を誘惑したりします。終盤の全裸姉妹丼プレイでは、ジゴロ風の男に【未夢】が開発される様なプレイも混ぜられており、嫌々と拒絶するだけで無く、頬を赤らめ悶える姿も描かれ、多くの需要に応えたサービスシーンです。結局、最後は【里緒】が守ろうとした物は何一つ守る事が出来ず、虚ろな瞳で男達の傘下に下ると言う、ブラック系作品らしい予想通りのバッドエンドで一応に〆られます…。注意点としては、リアル志向故か茂みはしっかりと描写されており、男共はスネ毛まで描かれています。言葉攻めもそこそこありますので、男性ボイスが苦手な方には少しお奨め出来ません。同社の作品は収録時間が短い事が恒例的であり、前作はそれを意識して閑話を数分に抑えサービスシーン重視にしていましたが、本作はそれ以上で閑話が1分未満と言う、需要が解った配慮になっています。作画に関しても、前作にあった問題点を全て解消していると言え、姉の色気と妹の可愛さにも差別化がされており、かなり美しく描けていると思います。スタッフは前作と同様の布陣で、ヒロインキャストも両者共に姉妹の演じ分けが上手く出来ており興奮を誘われます。収録時間こそ短いですが、前作と比べて作画の質が向上しており、演出的にも非常に楽しめる作品で、幕後の演出にも快い印象が持てましたので、☆×5です。 虜ノ契~家族のために身体を差し出す姉と妹~ 下巻 姉妹の絆 [DVD] 関連情報

小次狼 国境のない生き方: 私をつくった本と旅 (小学館新書)

「テルマエ・ロマエ」は単行本が出るのが待ち遠しいくらい、面白い本だったが、ヤマザキマリ自身の人生や、人生観もとても面白いものだとよくわかる。内容は、著者の人生を、その時々に読んできた本や、今までにしてきた旅とか海外での暮らしなどをまじえてつづったもの。その中に、ヤマザキマリの人生観を表すような言葉が出てくる。著者の人生は14歳のときの長いヨーロッパ一人旅にはじまって、波瀾万丈そのものだし、読んだ本も、阿部公房や三島由紀夫、南米の文学に、SF小説に、藤子・F・不二雄の漫画など、とにかく幅が広い。これに関するヤマザキマリの理解も、かなり深い。圧倒されるくらいだ。また、人生のほうも、すさまじい経験をしているようなのだが、本書の語り口は、全体的に明るい。テレビで見ても、ヤマザキマリは明るいキャラクターに見える。その理由が本書を読んでわかった気がした。1つは、人生観。この本の中では繰り返し、「人間は小さい。世界は広い。悩んだら閉じてないで外に出ていけ。人間なんて特別な動物ではない。昆虫とか野生動物とかと同等だと考えろ」といった主旨の考え方が、さまざまな形で紹介されている。カバーに「地球サイズで見れば悩みなんてハナクソ」とあるが、本書を読んだあとでは、本当にそうだなと素直に思える。それからもうひとつの理由は、お母さんの影響だろうなと思った。この親にしてこの子あり、と思わせる。お母さんは、娘(ヤマザキマリ)とその友達に会うために北海道から成田まで車をとばしてやってきて、娘たちと、そのまま車で日本一周にでかけてしまうような人。そして音楽家でもある。素敵だ! 次は、お母さんとの関係に特化した本を読んでみたい。悩みなんてちっぽけなものと思わせてくれる痛快な本である。 国境のない生き方: 私をつくった本と旅 (小学館新書) 関連情報

小次狼 ラブ・アクチュアリー 日本語吹替収録版 [Blu-ray]

発売日が、2015年6月24日。ラブ・アクチュアリー 日本語吹替収録版 [Blu-ray]ですが、、字幕の書体は、、映画で見慣れていられるフォントに、変更されておりますよーーー!!(^ ^)/あの明朝体ではありません! ラブ・アクチュアリー 日本語吹替収録版 [Blu-ray] 関連情報


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|野球|サッカー]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
ギャルランキング